頼りになる法律の専門家

弁護士は法律に関わるトラブルが発生したときに頼りになる専門家です。税金に関しては税理士が専門家として活躍しているといったように、一部に特化した士業を営んでいる人もいて頼りにできます。

債務整理等の相談は法律に詳しい人に依頼して解決しよう!

ジャッジガベル

よくある法律相談内容って?

大阪や浜松などの住民が多くて規模も比較的大きな都市には士業を営んでいる人が大勢いますが、寄せられている相談内容は類似しています。離婚や不倫などによる慰謝料請求や交通事故などによる賠償金請求、相続税に関するトラブルや計算方法の問い合わせ、債務整理などが比較的多い相談内容です。また、慰謝料や賠償金を請求されてしまったから弁護して欲しいという立場で相談に来る人も大勢います。金銭のやり取りを伴うトラブルの相談が一般的です。

電卓とお金

慰謝料請求された場合には相場を確認しよう

慰謝料請求されたというときに重要なのがまずはその金額が相場に合っているかを確認することです。もし相場に合っているのであればそれを承諾して慰謝料を支払ってしまった方がトラブルを長引かせずに済むという考え方もできます。法外な慰謝料を請求されてしまったというときには弁護士に相談して、合理的な範囲かそれ以下まで慰謝料を下げられるように協議を進めていくのが良策です。場合によっては慰謝料を払わなくて良いケースもあるので一度は相談しておくのが大切と言えます。

男の人

もしかしたら対象かも?B型肝炎訴訟について

弁護士が行っている仕事として様々な訴訟に関わる内容もあります。B型肝炎にかかっているという人は、B型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してみるのが肝心です。昭和23年から昭和63年まで行われていた予防接種によって感染してしまった人やその後に母子感染をした人の場合には給付金を受けられるようになっています。その際の訴訟に関わってきた弁護士は詳細をよく知っているので給付金の対象かどうかを正しく判断して申請手続きを手伝ってくれます。

ジャッジガベルと天秤

相談費用はいくら?

弁護士に本格的に仕事を依頼すると高額費用がかかることはよくありますが、相談する段階ではそれほど費用がかかりません。初回の相談は無料としていることも多くなっています。相談料として典型的なのは一時間あたり五千円から一万円程度であり、相談の際に費用のかかる仕事をしてもらった場合には実費を払うだけというのが基本です。相場については地域差が大きく、同じ地域で同じ程度の知名度の弁護士に依頼すればほとんど同じ費用になります。

移転価格税制の悩みを撃退☆

無料相談会を利用してみよう

弁護士などの士業を営んでいる専門家に相談するのを躊躇してしまうなら、無料相談会に参加するのも良い方法です。無料で気軽に相談できるようになっているので、相談する意味があるかを判断する機会になります。

相続をする際に気をつけることランキング

裁判所
no.1

不動産の課税対象額の計算は難しい

相続不動産については評価額の計算が複雑になっていて素人には困難です。不動産を相続するなら税理士に相談する価値があります。

no.2

控除の考慮も難しい

相続税には控除が認められていますが、その計算も煩雑です。失敗しないためには税理士に計算してもらうのが得策です。

no.3

間違えると後から追徴される

相続税は自分で計算して申告する必要があります。万が一間違っているのが監査によって発覚すると追徴が行われ、滞納によって金額が大幅に増えてしまうので注意が必要です。

千葉で好評な弁護士事務所